時代を越え、愛され進化してきた楽器達

音楽に興味がある人にとって縁の深い存在が「楽器」です。
「歌」を歌うことは自分の声でメロディーを奏でますが、楽器というのは自分の声と同じようにメロディーを奏でる、いわば「道具」です。
種類も色々とあり、ヴァイオリンやチェロ・ギターやベースといった弦グループ。
フルートやクラリネット・サックスやトランペットといった吹奏グループ。
ピアノやオルガン・キーボードやシンセサイザーといった鍵盤グループと部類があります。
どの部類にも共通して言えるのが、これらはあくまで「音を出す道具」である為、自分の声で歌を歌うかのように思い通りに扱えるようになるには実に長い期間の熟練を要します。
それと、どのグループも構造は非常に精密にできています。
ほんの少しの暑さ・寒さなどの気候環境変化や、ぶつけたり落としたりなどの物損事情で簡単に壊れてしまうこともあるのです。
その為、「調律」「調整」といったことが頻繁に必要であり、故障や修理にかける時間と経済的負担は多くも仕方ないように思えます。
音楽を楽しむ為の「楽器」の存在は、遥か昔から人々に愛されてきました。
「ドレミファソラシド」は世界共通用語。
きっと私達の人生をより楽しく豊かにするメロディーを奏でてくれると、そう思います。

大切な楽器を長持ちさせるには??

せっかく買った自分の楽器、しっかりお手入れして長持ちさせたいですよね。
お手入れを怠らなければ自分の気に入った楽器を何年も持たせることも可能です。
具体的に大切なのは使用後の細かな部分の掃除やメンテナンスです。
パーツがたくさんあるものは特に細かい部分にほこりや水分がたまりやすいものです。
放っておくと、汚れが沈着してしまいとれなくなってしまうこともあるので、毎回しっかりふき取ることが大切です。
定期的にポリッシュなど専用の液体などを使うとさらに汚れが残りづらくなります。
しかし、そのような液体を毎日毎日使い続けると逆に表面を傷つけてしまったりすることもあるのでしっかり説明を読んで使用することが大切です。
そしてメンテナンスは、ボタンや弦などに異常がないかしっかり確かめることにより、不具合や故障を早期発見することにつながります。
発見するのが遅れてしまうと演奏中に使えなくなってしまったり、ほかの部分に影響を与えてしまうこともあるので、なるべく毎回チェックをし、何か問題があった場合には早めに修理に出すとよいです。
また、日々のメンテナンス以外に年に数回は楽器屋の人など専門の人にみてもらうとよいでしょう。
より、長持ちさせることにつながります。

recommend

任意売却の無料相談
インプラント治療を川口で行う
下肢静脈瘤 東京

最終更新日:2018/5/18

Copyright (C) 2015 Instrument Navigation. All rights reserved.