持ち運びに便利な管楽器のケース

管楽器のケースには色々な種類があります。
本体を購入したときに入っているケースは持ち歩くのには重いことが多く、自分の楽器を所有している人はセミハードとかソフトタイプのものを新たに用意する人が多いです。
ソフトタイプは意外に柔らかく、トラックなどに積みこんで運ぶ際にはやや危険と言えるでしょう。
その点セミハードなら少々の衝撃には耐えられるので、トラックでの運搬も可能です。
セミハードは頑丈なゆえ、やや重いことが難点です。
自分で持ち運びすることが多いならソフトタイプの方が軽くて快適です。
持ち運び方も、リュックにしたり肩がけにしたりできるので、好きな運び方ができて便利です。
リュックにすれば重さがかなり抑えられるので、女性でも気軽に持ち運びできます。
ソフトタイプよりセミハードの方がやや値段は高めですが、長く使うことを考えれば一つ持っていても損はありません。
大切な楽器を安全にしかも快適に運べるソフト、セミハードタイプのケースは音楽生活を応援してくれます。

楽器ケースの上手な選び方

楽器ケースは、持ち運びが便利になり、保護をするためにすごく役立ちます。
また、用途や楽器の種類によってハードケースがいいのか、ソフトケースがいいのかなどいろいろ決めることができます。
ソフトは、軽いものが多く、重みが少ないため持ち運びが楽です。
また、中が空の時は、保管がしやすく折りたたんで小さくまとめる事ができるので便利です。
しかし、万が一衝撃などがあると、傷つきやすかったり、変形したりしやすいので、持ち運びの際は、注意が必要です。
ハードは、それ自体が重いことがあり、持ち運びの時重みを感じたり、体積が増える事があります。
しかし、多少の衝撃には強いので、安心です。
しっかり入れないと、壊れる原因になるので、片付けるときはしっかり収まっていることを確認してフタを閉めましょう。
どちらも、重要なのは、持ち手または、肩にかける紐のつなぎ部分がしっかりされているかどうか、きっちり確認してください。
この部分が弱いと、紐が切れ、落下の原因になる事があります。

recommend

塾を西宮市鳴尾の近辺で調べる

Last update:2018/8/30

Copyright (C) 2015 Instrument Navigation. All rights reserved.